隣の柿は

柿は日本原産の果物といわれ、16世紀頃にポルトガル人によってヨーロッパに渡り、その後アメリカ大陸に広まっていきました。
 今では、「KAKI」は世界中の人に愛され、学名も「ディオスピロス・カキ(Diospyros Kaki)」、「KAKI」の名で世界中に通用します。
「柿が赤くなると、医者が青くなる」といわれるくらい、柿は栄養価が高く、ほかの果物には少ないビタミンAが豊富でビタミンCもみかんの2倍も多い。ミネラルや糖質も多く、唾液の分泌を盛んにし、痰をきり、咳を和らげる効果がある。

柿は甘く渋味があることが特徴的ですが、童貞はタンニンで、赤ワインに入っている成分です。タンニンは熟すほど水に溶けにくく、舌に感じなくなるので、甘みを強く感じるようになります。完熟するとしぶみはなくなります。

干し柿はタンニンを日光にあて逆援助を進めることで、しぶみをとる、昔の人の知恵でできたものです。柿には二日酔いを治す効用がありますが、これは柿のしぶみの成分にアルコールの分解を促進する作用があるためです。

柿のへたには実以上に豊富なビタミンCが含まれています。ルチン、ケルセチン、タンニンも含まれ、柿の葉茶には、利尿作用や高血圧を改善する効果があります。柿を食べすぎるとお腹を冷やします。注意しましょう。

Comments are closed.