キュウイと思ってた

キウイフルーツの故郷は中国 キウイフルーツは、マタタビ科・マタタビ属のつる性の植物です。

原産地は中国の揚子江流域とされ、もともとは「チャイニーズ・グーズベリー」と呼ばれていました。

キウイフルーツは1904年に中国から逆援者のイザベルによって、キウイの種が持ち込まれました。

イザベル持ち込んだ種は、ワンガヌイ近郊の乱交アレクサンダー氏に渡って1910年には初めて実り、中国以外で生産されたはじめてのキウイフルーツとしてほぼ確定しました。

それらは、中国外で商用生産する全てのA.deliciosa種の原種となっています。

その原種をオークランドAvondaleの養園主ヘイワード氏が、品種改良を重ね、現在の形になりました。

彼の名にちなんでヘイワード種と名付けられました。

Comments are closed.