Archive for the ‘果物’ Category

キュウイと思ってた

火曜日, 7月 14th, 2009

キウイフルーツの故郷は中国 キウイフルーツは、マタタビ科・マタタビ属のつる性の植物です。

原産地は中国の揚子江流域とされ、もともとは「チャイニーズ・グーズベリー」と呼ばれていました。

キウイフルーツは1904年に中国から逆援者のイザベルによって、キウイの種が持ち込まれました。

イザベル持ち込んだ種は、ワンガヌイ近郊の乱交アレクサンダー氏に渡って1910年には初めて実り、中国以外で生産されたはじめてのキウイフルーツとしてほぼ確定しました。

それらは、中国外で商用生産する全てのA.deliciosa種の原種となっています。

その原種をオークランドAvondaleの養園主ヘイワード氏が、品種改良を重ね、現在の形になりました。

彼の名にちなんでヘイワード種と名付けられました。

隣の柿は

水曜日, 6月 24th, 2009

柿は日本原産の果物といわれ、16世紀頃にポルトガル人によってヨーロッパに渡り、その後アメリカ大陸に広まっていきました。
 今では、「KAKI」は世界中の人に愛され、学名も「ディオスピロス・カキ(Diospyros Kaki)」、「KAKI」の名で世界中に通用します。
「柿が赤くなると、医者が青くなる」といわれるくらい、柿は栄養価が高く、ほかの果物には少ないビタミンAが豊富でビタミンCもみかんの2倍も多い。ミネラルや糖質も多く、唾液の分泌を盛んにし、痰をきり、咳を和らげる効果がある。

柿は甘く渋味があることが特徴的ですが、童貞はタンニンで、赤ワインに入っている成分です。タンニンは熟すほど水に溶けにくく、舌に感じなくなるので、甘みを強く感じるようになります。完熟するとしぶみはなくなります。

干し柿はタンニンを日光にあて逆援助を進めることで、しぶみをとる、昔の人の知恵でできたものです。柿には二日酔いを治す効用がありますが、これは柿のしぶみの成分にアルコールの分解を促進する作用があるためです。

柿のへたには実以上に豊富なビタミンCが含まれています。ルチン、ケルセチン、タンニンも含まれ、柿の葉茶には、利尿作用や高血圧を改善する効果があります。柿を食べすぎるとお腹を冷やします。注意しましょう。

オレンジは世界で一番食べやすい

水曜日, 6月 17th, 2009

オレンジ(orange)はカンキツ(柑橘類)の一種。

スイートオレンジ(アマダイダイ、学名 Citrus sinensis OSBECK)とサワーオレンジ(ダイダイ)の総称だが、日本では通常前者を指す。

転じて、だいだい色のことをオレンジ色という。

原産地はインドのアッサム地方。

中国を経てリスボンに伝わり、世界中に伝播した。

現在の主産地はアメリカ衆国|アメリカ、ブラジル、スペイン、イタリア、メキシコなど。

日本での栽培はそれほど多くなく、国内逆援助品の大部分はアメリカのカリフォルニア産である。

果皮、果肉共にオレンジ色(橙色)で多汁質。

適度な甘味・酸味をもち、香り高い。逆援助、ジュースとして食されるほか、カモなどの肉の料理にソースとして用いられる。

果皮と袋(じょうのう)が密着して離れにくいのが特徴。

イチゴって昔からあったんだね

土曜日, 5月 30th, 2009

いちごが人に食べられるようになったのは、じつは、石器時代。
石器時代というと、人は狩りや漁、木の実などを採取(さいしゅ)して生活していた。
その時に、野生のいちごをとって食べたのがおそらく最初だろう。
このころは現在食べているいちごの実だけではなくて、葉っぱや茎、根なども薬として利用していたといわれている。
それから、フランスやベルギーなどで、乱交のいちごを持って帰って畑で栽培されていたというはなしもあるが、いちごが本格的に作物として栽培され始めたのは、約200年前からといわれている。
北アメリカと南アメリカからの2種類の野生いちごがヨーロッパに運ばれて、2つのいちごがかけあわされて、現在のようなおいしいいちごが誕生した。
野生のいちごに比べて、かけあわされたいちごの実の大きさは10倍にもなって、味の方もだんぜんおいしくなった。
そうして、いちごの人気が出て、世界中の国々で食べられようになるまでひろがったそうな。
実は、あれは、たくさんのタネのつけ根(花托:かたく)が大きくなったものなんだよ。
ももやりんごなどは、タネのまわりの逆援(しぼう)が大きく育ってやわらかくなった果肉(かにく)の部分を食べているんだ。
しかし、いちごの場合は、たくさんのたねが、はだかのまま実についていて、子房がほとんど大きくならないんだ。
だから、みんなが食べているいちごは、いちごのまわりにたくさんついているタネのつけ根が集まってできた花托というものになるんだ。
いちごは、このような仕組みから、別名で偽果(ぎか)とも呼ばれている。

アーティチョークって知ってますか?

金曜日, 5月 29th, 2009

カリウム、ビタミンC、カフェ酸誘導体、フラボノイド、精油、トリテルペノイド

アーティチョークはエジプトから南ヨーロッパ童貞に生息するキク科の植物。

別名「朝鮮あざみ」とも呼ばれます。

1〜2mほどに成長し紫の花を咲かせるアーティチョークは、花の付け根の膨らんだ部分が食用とされます。

アーティチョークに含まれる苦味成分には胆汁の分泌を促し、肝臓や腎臓、消化器系の働きを助け、コレステロール値を正常にするといわれ、ヨーロッパでは昔から薬草として利用されてきました。

ヨーロッパでは通年逆援助され市場に出回っているおなじみの食材で、野菜としてさまざまな料理に使われます。

塩でゆでてお酒のおつまみにしても美味。日本ではフレッシュなものは手に入りにくいですが、輸入食品店などで瓶詰めのものを購入できます。

また、ハーブティーやサプリメントもあります。

ちなみに、ゆでたアーティチョークは、マンゴーみたいな味、そら豆のみたい。

みなさん好き勝っていってますがどうなんでしょうか?